集中の持続

子どもの学力向上や、将来の進路の幅を増やすためには、早いうちから入学する学校を選ぶことが重要です。中学受験はまさにその第一歩ともいえる大事な試験で、確実に合格するためにも、志望先の学校や利用する塾や家庭教師も慎重に選ぶ必要があります。家庭教師を選ぶと、マンツーマンで指導を受けることが出来、より高い学力を身につけられ、教師によっては東大など有名な学校へ通う講師に授業を受けることが出来ます。

家庭教師での授業は、マンツーマンでの指導を受けることができるため、合格するための貴重な話も多く聞くことができます。中学受験のコツについても聞くことが出来ますが、家庭教師などで広く聞く事が多いのが、勉強に対する集中の持続の重要性です。どれだけ勉強時間を長く設定しても、集中せずにだらだら続けていては何の意味もありません。短い時間でも集中さえすれば、より合格に近づけるでしょう。

小学生のうちは勉強に集中できない子のほうが圧倒的に多いです。気を散らすものが近くにあればそれだけで集中力は途切れやすくなるので、勉強時間に集中するクセを付けるように指導する必要があります。例えば勉強中は遊びのためのものは遠ざけるようにしたり、勉強時間の間真面目に勉強した後に遊ばせるなど、ノルマ達成のご褒美を与えることで、集中グセを付けさせましょう。