基礎学力を固める

中学受験に合格するためには、自宅学習や学校の授業だけでは勉強不足といわざるを得ません。中学受験のレベルは学校によって異なりますが、有名校になると公立の中学や高校で習うような内容が出ることもありますし、小学校レベルの問題でも、ただ公式や答えを覚えているだけでは解けないような、応用力を求められる問題が多く出てくるので、家庭教師などの支援を受けたほうが、合格する可能性が高くなります。

中学受験に合格するためには、基礎学力を高めなければなりません。公式などを知っているだけでは解けない問題が出るとはいっても、それらを身につけないことにはスタートラインに立つこともできなくなるので、まずは基本的な知識を身につけさせ、それから少しずつ色々な問題に対応できるスキルを身に付けさせる必要があります。基礎的な知識については、指導経験が無い親でも十分教えることが出来るので、初めのうちは子どもの勉強に付いてあげるのも良いでしょう。

基礎学力を身につけるまでの期間は、勉強に対してのモチベーションを途切れさせないようにすることも大切です。初めのうちはどんな内容も分からないことが当たり前なので、問題が分からないからといって厳しく指導するのは避けてください。下手をすると実力を身につける前に勉強に対する苦手意識が身に付くので、焦らずじっくりと勉強させてください。