ペースを覚えさせる

最近は子どもに中学受験をさせる親が増えていますが、小学校レベルの問題が大半だろうと高をくくってはいけません。学校のレベルにもよりますが、有名中学にもなると、公立中学や高校レベルの問題が出てくることもあり、独力の勉強では限界が来る可能性が非常に高いです。そのため確実に中学受験に合格するためには、家庭教師のような専門家を雇い、合格をサポートしてもらう必要があります。

中学受験に合格させるためには、まず勉強のペースを覚えさせることが大切です。小学校のうちは集中力がそれほど長続きせず、一度集中が途切れると、勉強に全く身が入らなくなります。そんな状態ではいくら勉強時間を延ばしても意味が無いので、家庭教師を利用する前から、指定した勉強時間には勉強だけをするという習慣を身につけさせれば、受験勉強もスムーズに進められるようになります。

子どもに勉強のペースを教えるためには、勉強が楽しいものと思わせる必要があります。勉強が終わればおやつや遊びの時間を与えるなど、分かりやすい報酬があると、勉強の習慣が無い子も積極的に勉強するようになり、いずれは勉強を解く楽しさも感じるようになってくれるでしょう。こうした勉強のペースを早いうちから身につけさせれば、家庭教師の指導もスムーズに進められます。