遊びは犠牲にすべき?

学校に合格するための受験といえば、昔は高校受験や大学受験が一般的でしたが、今では中学生受験に挑戦させる親が多く見られます。小学生のうちから受験はまだ早いかもと思われている方もいるかもしれませんが、最近は公立中学の学力低下が懸念され、学校内も良い環境とはいえないといわれているので、出来れば専門家の指導を受けつつ、中学受験のための準備を進めてください。

中学受験に合格するためには、様々な問題に解答できるようになってもらうために、長いスパンを掛けてじっくり勉強させる必要があります。そうなると遊びのための時間が減ってしまいますが、いたずらに遊びの時間を勉強優先でつぶしてしまうのも考え物です。遊びの時間は勉強に疲れた心と身体のストレス解消に使えますし、子供のうちから友達と遊ぶことが出来ないと、他人とのコミュニケーションの取り方を身につけられないかもしれません。

子どもの指導に対しては、無理に長時間子どもを拘束するよりも、専門家が短時間でも集中して指導したほうが結果的に合格のための知識を多く身につけることが出来ます。特に家庭教師はマンツーマンで指導することが出来、自分のペースで分からないところなどを指導することができるので、苦手も克服して、より合格率を高めることが出来るでしょう。