長期休暇の使い方

中学受験は時間の使い方が非常に重要です。レベルの高い学校になると、公立中学で習う問題も出てくるので、小学校で習う授業だけでは試験に合格できない可能性があります。そのため家庭教師などの専門家の指導を早めに受けて、受験に対応できるだけの知識を身につける必要があり、そのためには夏休みや冬休みのような長期休暇を最大限活用しなければなりません。

長期休暇の間は、学校で授業を受ける時間が空くので、その間に現状の問題点を改善させたり、より高度な問題に取り組めるようにしたりと、子どもの勉強の進み具合にあわせて勉強を進めていきます。家庭教師に指導を受ける場合は、長期休暇専用のカリキュラムを組んで勉強することが多いので、保護者の方は面談などを通してどのような授業をするのか確認しておきましょう。

長期休暇は大事な勉強のための時間がたくさんありますが、休み全てを勉強に費やすと子どもが強いストレスを感じるかもしれません。勉強に対するモチベーションが無くなると、休み明け以降の勉強にも支障をきたす可能性があるので、どこかのタイミングでガス抜きをしてあげることも大切です。お盆休みなど家族の休みが一致するときは、勉強を休んで家族旅行に出るなど、大事な夏休みの思い出を作ってあげてください。