精神を育てる

受験を受ける必要がある中学校では、ある程度の学力はもちろんですが、それと同時に精神的な成長を子どもに求める傾向にあります。特にレベルの高い学校になると、ただ勉強をさせ続けただけの子どもよりも、様々な経験を積み、自分で色々なことを考えられる子どものほうが高く評価されるそうなので、受験勉強をさせる際は、精神的な成長を促してくれる指導者を探しましょう。

家庭教師の指導はマンツーマンで行うため、学習塾に比べて生徒と教師の距離が近くなっています。その分生徒と話す機会も多く、そうしたコミュニケーションを通して子供の精神的な成長を促すことができます。同年代とのコミュニケーションは学校で行えますが、年長者とのコミュニケーションを取る機会はめったに無く、家庭教師によっては大学生などの年齢が近い教師と話をすることになるので、非常に強い刺激を与えることができます。

家庭教師とのコミュニケーションを通して、色々な経験を積むことが出来れば、精神的な成長も期待することが出来ますが、教師と生徒の距離が近いことが災いして、馴れ合いの空気が生まれることも時にはあるといいます。ある程度経験を積んだ家庭教師なら距離もとってくれますが、未経験の学生が家庭教師になった時は注意が必要です。