勉強の意欲を持たせる

中学受験に合格するためには、学校のレベルに合わせた受験勉強が必要です。レベルの高い学校になると、年単位の長い期間を掛けて勉強を行う必要があり、子どもには長時間の勉強を支持することになります。その場合は長年遊びなどを我慢させなければならないので、勉強に対するモチベーションも低下しやすくなります。そうなると勉強への苦手意識が強まり、受験を拒否する可能性もあるので、可能な限り勉強に対する意欲を持たせるようにしましょう。

勉強に対する意欲を持たせるためには、勉強を好きになってもらうのが一番です。初めのうちは勉強を終えるたびに遊びの時間を与えたり、テストで良い点を取れば何かご褒美を与えるなどの方法で、勉強に対するモチベーションを持たせましょう。家庭教師などの指導を受ける場合は、中学受験に合格した後の生活について教えるなど、受験に合格した後の楽しい学校生活をモチベーションにさせるなどの支援を受けられます。

家庭教師の指導は、より高度な勉強をさせるだけでなく、実体験を通して勉強することの大切さや楽しさを教えてくれるという強みがあります。家庭教師によっては東大などの有名校に通った経験のある方もおり、その時の苦労したことや楽しかったことなどの実体験はためになる話が多いので、どんどん子どもにそういった話を聞かせて、勉強に対してモチベーションを与えると、長い受験勉強も続けることが出来るようになるでしょう。