孤独を感じさせない

受験勉強は子どもには非常に大変な勉強です。学校によっては遊んでいる時間が無いというくらいに勉強をさせる保護者も多く、そのおかげで友達と話す機会も失われやすくなるといいます。さらに中学受験は長期間行う事が多く、そうした生活スタイルのまますごし続けると、自分ひとりしか勉強していないと感じるようになり、それがきっかけでモチベーションが大きく落ちることも珍しくないので、モチベーション維持のためにも、子どもには孤独を感じさせないようにしましょう。

子どもの勉強に対するモチベーション維持には、家庭教師の指導が役立ってくれます。受験勉強のためのノウハウを持っていることはもちろんですが、普段周りの人とのふれあいが少ない生徒とも、積極的にコミュニケーションを取ってくれるので、受験勉強中の孤独感の払拭にも役立ってくれるかもしれません。特に家庭教師はマンツーマンで指導するので、より密接な関係作りが期待できます。

勉強中の孤独感は、家庭教師はもちろん、家族の協力でも解消できるかもしれません。家庭教師がいなくなった後の勉強では、親が答えや解説をチェックして、一緒に勉強するだけでも、孤独感の払拭に繋がってくれるでしょう。またもし自分たちの知り合いに中学受験に挑戦している子がいるなら、その子と話をしてみても、良い影響を受けることが出来るかもしれません。