向き不向きを知る

中学受験を子どもに受けさせる際は、まず勉強の仕方について考える必要があります。レベルの高い学校の場合、公立中学と同レベルの問題が出ることもありますし、問題の解き方も小学校で習う物よりも遥かに高度になっているので、自宅学習や学校の授業だけでは十分な学力を得るのは難しいでしょう。そのため受験勉強を行う際は、学習塾などを利用する方が多いのですが、この際子どもの向き不向きに合わせて指導法を変えることで、より合格に近づけることができます。

中学受験の指導は学習塾をはじめ、様々な形で行われていますが、子どもによっては学習塾のようなハイペースな授業についてこられない子も多く、無理して通わせても学力の向上には繋がりません。そうした子には、もっとマイペースな勉強が出来る家庭教師が向いており、東大などの有名校に合格した経験がある教師が、合格をサポートしてくれます。

家庭教師による指導は、学習塾に比べて料金が高いという欠点がありますが、マンツーマンで指導してくれるので、子どもの学力に合わせて授業を進める事ができます。悩みごとの相談など、生徒との距離が近い分、何かとストレスが溜まる受験勉強を乗り越えるためのサポートに積極的に取り組んでくれるので、今成績が低い子でも、志望校に合格できるだけの実力を身につけてさせてくれるでしょう。