焦らせない指導

中学受験に合格するためには、長い時間を掛けて知識を身につけさせる必要があります。家庭教師の指導も高い学力を身に付けさせるためには非常に重要で、多くの方が専門家の指導を受けさせていますが、どんなに勉強のための環境作りを行っても、受験間近になるとついつい何か足りないものは無いかと焦る方は注意が必要です。焦りは大きなトラブルにも繋がるので、受験間近には落ち着いて行動することを第一に考えましょう。

受験間近になると、焦りのあまり子どもにもっと勉強させようとする方もいますが、そうした行動は寧ろ逆効果に繋がります。受験まであと数ヶ月という時期に慌てても、合格に結びつくほど学力が上がることはまずありませんし、逆に無理やり勉強時間を延ばすと、子どもの生活リズムが崩れ、体調不良などに繋がるかもしれません。長い期間を掛けて受験勉強をしたのであれば、ちゃんと合格できるだけの実力は身につけているはずなので、変に不安になることはありません。

受験間近の学習プランは、家庭教師などの専門家に任せて、自分たちはいつもどおり過ごしましょう。自分たちの焦りが子どもに移ると、本番で実力を発揮できなくなるかもしれないので、寧ろ焦っている子どもを落ち着かせることができるくらい、平常心をもって生活するように心がけてください。