中学校の魅力を教える

子どもの将来の選択肢を広げ、より良い人生を歩んでもらうためには、良い学校に通わせることも重要です。中学受験に合格すれば、公立の中学校とはまた違った学校生活を過ごすことが出来、色々な可能性を広げることが出来るでしょう。とはいえ子どもにとっては中学校の違いの重要性はちゃんと説明しないと理解できないので、中学受験を始めるにあたり、中学校についてはきちんと説明しておきましょう。

中学校のことについて教えることは、中学受験に対するモチベーションにも繋がります。わけもわからないうちに無理やり受験勉強を始めさせても、子どもは勉強にやる気を持ってくれないので、まずは中学校の魅力をアピールして、モチベーションを高めてあげましょう。家庭教師に指導を依頼している場合、現役の大学生などの若い教師も在籍しているので、今の学生生活の楽しさを子どもに話してもらい、よりモチベーションを高めさせるのも良いでしょう。

家庭教師の指導は、子どもとマンツーマンで行う分、子どもも教師と仲が良くなることが多いです。そんな教師が学校生活の楽しさをアピールすれば、きっと子どもも中学受験に対して興味を持ってくれるでしょう。志望校の決定の際も、子どもの意見を積極的に取り入れ、高いモチベーションを維持させながら、志望校の合格を目指しましょう。