指導者の学力

中学受験に合格するためには、小学校の勉強よりも難易度の高い、様々な問題に対応できる学力が必要です。それだけの学力を身につけるには、専門家の指導が必要となるので、大抵のご家庭では学習塾に通わせたり、家庭教師に依頼しています。家庭教師を利用する場合、教師をある程度選択することも出来ますが、この際指導を依頼する教師の学力は、合格に結びつく要素となるのでしょうか。

家庭教師の学力は、優秀さをアピールする材料としてよく使われています。東大などの有名校に合格したという肩書きは、広告文などでもよく目にすることが出来ますが、家庭教師の学力が指導力に直接係わっているかというと、実際のところはそれほど重要というわけではありません。現在プロの家庭教師として働いている方の中には、大学を中退して家庭教師になった方も多く、それでも多くの生徒を合格させてきた実力を持っています。

家庭教師を選ぶ際は学力よりも実績を重視しましょう。過去に多くの生徒を受け持っている方なら、自分の子どもに対して適切な指導法をすぐに考案してくれるはずですし、自分たちの志望校を受けた生徒の合格実績があれば、その時の経験を活かしてさらに効率の良い授業を提案してくれるかもしれません。