どんどんほめる

公立中学での授業は、全体のレベルを合わせるために、基礎的な勉強を中心に教えます。そのため学校によってはそれほど高い学力が身につかないので、もっと高いレベルの勉強をさせるためには、受験が必要な中学校に通わせる必要があります。学校のレベルによってはかなり難易度の高い問題を解く必要があるので、家庭教師などの専門家による指導が必要となります。

家庭教師などの専門家の指導があれば、受験勉強も非常にスムーズに進める事が出来ますが、小学生のうちから受験勉強に集中し続けるのは困難で、モチベーションが下がる出来事があると、すぐに勉強をしなくなっていきます。下手をすると受験を拒否しかねないので、常に勉強のモチベーションを持ってもらうためにも、子どもは積極的にほめるようにしましょう。

ほめるという行為は非常に重要です。出来ないところを責めるよりも、出来たところをほめるほうが、子どものモチベーションは大きく向上し、学習意欲もどんどん身について行きます。特に小さいうちに叱りすぎると、勉強に対して強い苦手意識を持つようになり、その後の勉強にも付いていけなくなる可能性があるので、子どもが努力した分だけ、それに答えてあげてください。